ニオイの悩みを根本から解決する
薬用ネオテクトのデオドラントクリーム
プロも認める消臭処方を実現

加齢臭わきがを消す

35歳から加齢臭?ニオイの悩みは皮脂の酸化が原因

中高年特有の「脂くさいニオイ」の元であり原因物質である「ノネナール」が、中高年の皮脂に含まれる脂肪酸が分解され過酸化脂質により酸化することで発生するということが2000年に発見されました。10代などの若い人の皮脂にはこの過酸化脂質の量も、脂肪酸もほとんどないため「おやじ臭」「世代臭」など30歳以上の中高年特有のニオイと言われています。

「加齢臭」というと男性のイメージがありませんか?しかし、「ノネナール」は男女問わず、40代以降から年齢に比例して増加していき、60歳を境に急増していきます。

皮脂量は女性よりも男性の方が多いのでニオイが目立ちやすいですが、皮脂量が少ないだけでニオイの発生の原理とメカニズムは女性も同じです。 特に女性は、35歳前後でホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂が増えることで加齢臭が発生してきます。

ニオイはそもそも皮脂を餌とする雑菌が繁殖することで発生します。汗で濡れたままにすると雑菌が増えやすいので、夏場などの汗の多い季節は風通しの良い服装やこまめに汗を拭きとり、薬用ネオテクトを塗ることでニオイを抑えることが出来ます。